平成29年度大好き いばらき 地方創生応援事業

 

 活力に満ちた地域社会の実現に向け,地域の活性化に自主的・主体的に取り組む団体等を応援するため,その活動に対し,助成します。

 

大好きいばらき地方創生応援事業の事業団体を選定しました!
 大好きいばらき地方創生応援事業について,平成29年4月24日(月)から6月30日(金)まで公募を行いました。
 この期間に申請のありました267団体について,審査を行った結果,119団体の事業を選定しました。

 大好きいばらき地方創生応援事業選定団体一覧

 

 

 【様式】

     1 パンフレット(PDF形式)
  2 応募申請書兼実施計画書, 収支予算書,誓約書(word形式)
  3記入例その1(PDF形式)

  4記入例その2(PDF形式)

  5助成金交付要項(PDF形式)  

  6助成金交付要項様式(Word形式)  

  7アンケート用様式(Word形式)

 

 

 

 

 

1 目的

活力に満ちた地域社会の実現に向け,地域の活性化に自主的・主体的に取り組む団体等を応援するため,その活動に対し,助成します。

2 助成の対象団体・グループ

茨城県内の地域で活動を行う5人以上の団体・グループとします。

(自治会・町内会,老人クラブ,子ども会,PTA,地域団体,ボランティアグループ等)

3 助成の内容等

(1) 助成団体数:100団体程度

(2) 助成額
 ① 1団体・グループにつき原則10万円以内(最大30万円まで)で,応募のあった事業内容の審査結果に基づいて決定します。
 ② 必要経費が10万円に満たない場合はその額を助成します。
 ③ 助成額は,千円単位とし端数が出た場合は切り捨てとします。

(3) 助成対象経費
 地域活動を行うのに必要な経費としますが,次の経費は,助成対象から除きます。
 ① 団体・グループの運営に係る経費(人件費,光熱水費,家賃等)
 ② 審査会において,必要と認められない経費

4 助成する活動

(1) 団体・グループが自主的に取り組む地域福祉や環境保全,青少年の健全育成,防犯・防災,交通安全,地域の活力づくりなどの活動で,次の要件全てに該当するものを対象とします。
 ① 助成対象事業は,平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間に実施される事業であること。
 ② 新たな取り組みであること,又は,従来の活動の拡充・強化を図るものであること。

(2) 複数の団体・グループが連携・協働して実施する活動も対象とします。

(3) 国又は県の助成を受けて実施する事業は助成対象から除かれます。

5 助成金の申請方法

(1) 助成金の応募を希望する団体・グループは,応募申請書兼実施計画書(様式第1号)及び収支予算書(様式第2号)と誓約書(様式第3号)を郵送・持参又はEメールにより大好き いばらき 県民会議に提出してください。
 ※様式(word・PDF)は,下記からダウンロードできます。

(2) 提出先  大好き いばらき 県民会議
   MAIL: kenminundo@daisuki-ibaraki.jp

(3) 募集期限 平成29年6月30日(金)まで
 ① 郵送の場合は17:00必着とする。
 ② 持参の場合,Eメールの場合は15:00までとする。

(4) 申請書の受け取り後,申請内容の確認のため,ご連絡を差し上げることがあります。

 

6 助成金の交付決定等

(1) 助成金の交付申請があったときは,申請内容を有識者等による審査委員会において審査のうえ,助成金の交付を決定します。

(2) 助成金の交付を決定した場合には,助成金交付決定通知書により通知します。

 ※交付決定は,7月中を予定しています。

 

7 実績報告書

(1) 助成を受けた団体・グループは,平成30年2月15日(木)までに,事業実績報告書と収支決算書を大好き いばらき 県民会議に提出してください。なお,2月16日以降に事業が終了する団体は,「見込み」で提出をお願いします。

 (2) 地域活動を通じて得られたノウハウを広く役立てるため,当会議のホームページなどで活動内容等を紹介するとともに,新聞やテレビ等の報道機関へ情報提供をすることがありますので,ご承知おきください。

(3) 当会議で開催する行事などで取り組みの概要や成果などを報告していただくことがあります。

 

8 助成金の返還

(1) 事業終了後,助成金に残金が生じた場合は返還してください。

(2) 次の各号に該当すると認めるときは,助成金の交付決定の取消し,又は既に交付した助成金の一部を返還することになります。
 ① 助成金を目的外に使用したとき。
 ② 前号のほか,この要項に違反した場合,又は,事業の実施ができなかったとき。

 

9 広報表示について

大好きいばらき地方創生応援事業助成金を財源として活動されることから,「大好き いばらき 県民会議」の広報表示を行ってください。
 ① 事業で整備する設備・備品等には,「大好き いばらき 県民会議」のシールを貼付すること。(シールは,当会議から提供します。)
 ② 実施するイベント等のポスターやチラシ等には,「大好きいばらき地方創生応援事業の助成金で実施する」旨の文章を掲載すること。

 

10 アドバイザーの派遣

(1) 助成を受ける団体・グループの要請により,活動の進め方等についてアドバイザーを派遣します。

(2) その場合の派遣に係る費用は,大好き いばらき 県民会議が負担します。

   ※アドバイザー派遣の方法等については,助成金交付決定時に併せて連絡いたします。