平成7年に大好き いばらき 県民運動がスタートした当初から県内の湖沼、河川の水質浄化や環境美化活動に取り組んでいます。

 

最近の活動より

第87回霞ヶ浦・北浦地域清掃大作戦

平成29年3月5日(日)@ 土浦市「霞ヶ浦文化体育会館」周辺及び湖岸

平成29年3月5日(日)に土浦市「霞ヶ浦文化体育会館」周辺及び湖岸において、第87回霞ヶ浦・北浦地域清掃大作戦を開催し、企業・団体・行政・個人から、約630名の参加者が集まりました。

オープニングセレモニーを行った後、約1時間、霞ヶ浦湖岸のゴミ拾いなどの清掃活動を行いました。積極的に清掃をしてくれた参加者のおかげで、この日はなんと2トンものゴミを回収する事ができました。 参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした。

ブログの記事もご覧ください

ひぬま流域クリーン作戦

平成29年7月15日(土)@涸沼自然公園

dsc_0127dsc_0178

クリーンアップひぬまネットワークとの共催で、平成29年7月15日(土)に「ひぬま流域クリーン作戦」を実施しました。

夏の観光シーズンにあわせて、涸沼を訪れた方が気持ちよく過ごせるようにと、「涸沼流域クリーン作戦」を実施しました。今年は,涸沼がラムサール条約に登録されたこともあり,中学生、高校生、企業、団体、ボランティア団体など約560名と多くの参加者がありました。
当日は,涸沼自然公園を起点として4コースに分かれ、道路等に捨てられたゴミの回収を行いました。

ブログの記事もご覧ください

第22回 泳げる霞ヶ浦市民フェスティバル

平成29年7月17日(月・海の日)@土浦市霞ケ浦総合公園内 国民宿舎「水郷」跡地前

dsc_0316dsc_0284

平成29年7月17日(月・海の日)に、土浦市霞ケ浦総合公園内 国民宿舎「水郷」跡地前を会場に第21回泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルが開催され、炎天下にも関わらず多くの市民がつめかけました。

このイベントは、さまざまな催しを通じて水と親しみ、霞ヶ浦の現状と水質浄化の取り組みについて考えてもらおうというものです。大好き いばらき 県民会議の幡谷浩史理事長は、開会式の挨拶で、「台所の油を、排水溝に直接流さないだけでも水はきれいになります。泳げる霞ヶ浦にするために、身近なことからみんなで実行していきましょう」と、水質浄化に向けた思いを力強く訴えました。

大好き いばらき 県民会議では茨城県生活学校連絡会・土浦市ネットワーカー等連絡協議会とともに、牛乳パック工作やアクリルたわし作り、水のろ過装置づくりなどを行い、エコライフと水質保全に家庭で取り組むことの啓発活動を行いました。水質浄化県民運動には、今後も積極的に取り組んでいきます。

ブログの記事もご覧ください