沢田湧水地とオオウメガサソウ


ふるさと自慢写真(沢田湧水地)

希少な動植物が生息する幻の湿地

1DSC_9514

1DSC_9514

 谷から冷たく澄んだ水が噴き出している沢田湧水地は,国営ひたち海浜公園内北部の樹林エリアにあります。今まで未公開だったこの樹林エリアには,ほとんど手つかずの自然環境が残っており,絶滅危惧植物の“森の妖精”といわれる,「オオウメガサソウ」をはじめ,ホトケドジョウ,オゼイトトンボ,ミクリ,ミズオオバコ など,希少な動植物が数多く生息しています。

紹介者からひとこと

 沢田湧水地およびその周辺の樹林エリアは,希少な動植物と環境を保護するため,これまで一般公開していませんでしたが,ネイチャーハウスの設置や同湧水地に木道を敷くなど整備され,毎週土・日曜日に,ガイド同行で自然観察ができるようになりました。自然や歴史に詳しいガイドの案内で,樹林エリアの魅力を深く知ることができます。また,ネイチャーハウスには,園内で見ることのできる動植物の紹介展示などがあるため,より深く理解することができ,環境学習の場となっています。希少な動植物が数多く生息するこの貴重な環境を一緒に感じてみませんか。

 

【見頃の時期】
(沢田湧水地)4月~11月間の毎週土・日曜日(雨天中止)
(オオウメガサソウ)6月上旬のみ(雨天中止)

1DSC_9514

 

アクセス

茨城県ひたちなか市馬渡605

Information

「沢田湧水地とオオウメガサソウ」
ひたちなか市 大字馬渡大沼605−4

ふるさと自慢の推薦者

ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会 会長 飯村 歳永