現在のひたちなか海浜鉄道湊線の創設者「大谷 新介氏」

ひたちなか市民が愛する「ひたちなか海浜鉄道湊線」

ひたちなか市民が愛する「ひたちなか海浜鉄道湊線」

ひたちなか海浜鉄道湊線は、JR勝田駅から阿字ヶ浦駅までの約14.3㎞を結ぶローカル線で、のどかな田園風景の中を走ります。
ひたちなか市民の通勤・通学の足であるほか、観光客や鉄道ファンも多く利用します。
人々に愛されるこの湊線の創設者が、大谷新介氏なのです。

鉄道敷設までの道のり

844年生まれの大谷新介氏は、旧那珂郡勝田村(現在のひたちなか市)の初代助役、二代目村長を務めました。
村長だった1897年に、水戸-平(現在のいわき駅)間の常磐線が開通しましたが、勝田に駅は設けられず、その恩恵は受けられませんでした。
村民の期待を背負った新介氏は、地元の経済的発展を目指して、勝田村武田に停車場を設置することを日本鉄道に請願し、日本鉄道は、勝田から那珂湊・平磯方面への軽便鉄道敷設を条件に、これを承諾したといいます。
そこで、新介氏は、地元に働きかけて資金を集め、武田-平磯間を走る「武平鉄道」を設立したのです。
その後、1907年に、武平鉄道は湊鉄道に改組され、1913年に、勝田-那珂湊間が開通しました。
湊鉄道創設以来、6年もの年月を要してのことでした。

石碑建立当時の記念写真

石碑建立当時の記念写真


新介氏の功績を伝える

新介氏の功績を伝える

大谷新介氏の玄孫にあたる大谷憲治さんは、「新介は、頼まれたら必ずやり遂げる強い精神力があったのだと思います。それに、山高帽を被るほどのハイカラさんでもありました。」と、写真を見せながら、その人柄について話してくれました。
勝田駅東口の一角には、1925年に建てられた新介氏の功績を称えた顕彰碑があります。
ネットワーカーの皆さんは、「地元にこんな偉大な方がいたのに、知らなかったのは反省すべきことです。
新介さんがいなかったら、今の勝田はなかったかもしれません。その功績を、後世に伝えていきたいです。」と話します。生懸命楽しそうに太鼓を叩く姿を見ると、瓜連の伝統を守る未来の担い手が確実に育っていると実感しました。

アクセス

ひたちなか市勝田中央1-1

Information

「JR勝田駅」
ひたちなか市勝田中央1-1

ふるさと自慢の推薦者

ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会
会長 桐原悦子