踏んで歩いて イキイキ健康!

 利根川の桜堤堤防上に,長さ12メートルの足裏健康歩道が設置されています。足の裏にあるツボを刺激しながら歩く事ができます。桜堤は2004年に個人オーナーにより,180本以上のソメイヨシノが約850メートルに渡って2列に植樹されました。土手の平坦な場所に2列に並ぶ桜は大変珍しく,ここでしか見られない景色を楽しみながら,歩くことが出来ます。
 普段から利用している方々は,足裏健康歩道を利用したウォーキングが健康の源だと話しています。足裏のツボに関する説明看板も設置されていますので,気になる足ツボを刺激しながら試すことができます。
 利根川の桜堤堤防からは筑波山を見ることが出来ますし,役場庁舎からは,東京スカイツリーと富士山が同時に見ることも出来ます。(天候によっては見られません)
 桜堤堤防は見晴らしがよく,四季を通じてウォーキングにぴったりです。ぜひ,利根川の景色を楽しみながら足裏健康歩道を歩いてみませんか。

 

アクセス

茨城県北相馬郡利根町布川841−1

Information

「足裏健康歩道を歩いてみよう」

ふるさと自慢の推薦者

利根町ネットワーカー協議会
代表 西村 重之