国蝶オオムラサキが生息する「小貝川ふれあい公園」


image005re

貴重な自然環境が残る地域住民の憩いの場

1DSC_9514 1DSC_9514

 小貝川ふれあい公園は,小貝川に沿って整備された細長い公園です。「自然と人」をテーマにした7つのゾーンに分けられており,地域住民の憩いの場になっています。その中のひとつである,自然観察ゾーンには,「オオムラサキの森」があります。観察会の時には,下妻市のマスコットキャラクター しもんちゃんのモデルともなっている,準絶滅危惧種の国蝶オオムラサキを観察することができます。
 オオムラサキの森は,環境省の「ふるさといきものの里(小動物生息環境保全地域)」に認定されており,昔からの自然環境が残っている貴重な生息地となっております。

紹介者からひとこと

 小貝川ふれあい公園内には,オオムラサキを模ったユニークな建物のネイチャーセンターや,スポーツ設備,バーベキュー場,パークゴルフ場,ミニミニ水族館,地形を生かして設置されたいろいろな種類の滑り台など,一日中楽しめる施設が充実しています。川沿いに続く広大なお花畑には,季節によって様々な花が咲き乱れ,年間を通して自然とふれあうことができます。ご家族,ご友人と一緒にぜひご活用ください。

【見頃の時期】
(小貝川ふれあい公園)一年中
(国蝶オオムラサキ)7月

1DSC_9514

 

アクセス

茨城県下妻市堀篭1650-1

Information

「小貝川ふれあい公園」
下妻市堀篭1650-1

ふるさと自慢の推薦者

ネットワーカーしもつま 会長 軽部 守彦