茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務の企画提案を募集します。


 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務の募集を行います。

 1 業務名 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務

 2 履行期間 契約締結の日から 平成25年9月10日(火)まで

 3 募集業務 別添「平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務プロポーザル実施要領」及び「平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務仕様書」をご覧ください。

 4 担当部署
茨城県生活環境部生活文化課県民運動推進室
〒310-0011
茨城県水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎2F
   E-mail  undo@pref.ibaraki.lg.jp
   電話 029-224-8120

5 委託の規模
  2,502,000円(消費税及び地方消費税相当額を含む)を超えない範囲とする。

6 応募資格
次に掲げる要件を全て満たすものであること。
(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「政令」という。)第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。
(2)政令第167条の4第2項の規定に基づく茨城県の入札参加の制限を受けていない者であること。
(3)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更正手続きの開始の申立又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立がなされていない者であること。
(4)宗教活動又は政治活動を主たる目的とする組織・団体等ではないこと。
(5)暴力団による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条に掲げる暴力団又は暴力団員及びそれらの利益となる活動を行う団体でないこと。
(6)提案者の事業活動について,プライバシーマークの使用が認められていること。

7 プロポーザルの審査
(1)審査の方法
別に定める「平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務プロポーザル審査会」において審査し,プロポーザル審査基準に基づき,委員一人当たりの平均点の高い者を選定する。
(2)第一次審査
提出された企画提案書等に基づき審査を行う。
(3)第二次審査(第一次審査で選定された者のみ)
提出された企画提案書等及びプレゼンテーションに基づき審査を行う。
[プレゼンテーション]説明時間10分 質疑時間10分程度

○ 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務プロポーザル実施要領
○ 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務仕様書
○ 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務契約書
○ 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務プロポーザル審査会設置運営要領
○ 平成25年度茨城県新しい公共支援事業報告書作成委託業務プロポーザル審査方針