第2回茨城県新しい公共支援事業運営委員会を開催しました。


 平成23年5月19日に,第2回茨城県新しい公共支援事業運営委員会を開催しました。概要については下記のとおりです。

第2回茨城県新しい公共支援事業運営委員会結果(概要)

開催年月日

平成23年5月19日(木)午後5時30分~8時30分

開催場所

茨城県庁 1101共用会議室

出席者

議事録」参照

概要

  • 「新しい公共の場づくりのための提案型モデル事業」に係るNPO等からの募集について,了承された。

委員による主な意見

  • 新しい公共については,NPOに寄附が集まるような仕組みを醸成するためのものである。
  • 基盤整備事業については,結果よりも,委託により中間支援組織を決めるプロセスにおいて,いくつのNPOが関わったかということが重要であり,委託の業者選定過程の透明性が必要である。また,事業終了後,NPOの参加状況,各NPOへの委託料の執行状況を報告して欲しい。
  • 提案型モデル事業の募集期間について,NPO等による企画及び関係機関との調整に時間を要するため,募集期間は実質1ヶ月半程度必要である。また,複数年の事業を想定しているが,助成金は単年度となることを要領等にわかりやすく明記すること。
  • (事務局より)若者ボランティア・地域活動支援事業については,広くボランティアの育成を目指しており,新しい公共のリーダーの育成という目標からすると,新しい公共の事業にそぐわないと判断した。

  ※くわしくは、議事録【PDF】をご覧ください。