大好き いばらき 作文コンクール

大好き いばらき 県民会議では、未来を担う子どもたちに、茨城の豊かさや暮らしやすさ、伝統文化のすばらしさに加え、家族や地域の絆などの茨城の魅力を再認識してもらうため「大好き いばらき 作文コンクール」を実施しています。
小学生から高校生までを対象とするこのコンクールは毎年7月~9月の間に募集し、有識者による審査のうえ、優秀作品については秋に開催する大好き いばらき 県民運動表彰式において表彰を行います。

第26回「大好き いばらき 作文コンクール」

第27回「大好き  いばらき 作文コンクール」 作品募集中!! 

テーマ

「ここが大好き,私のふるさと,私の家族」

募集期限

平成28年9月7日(水)(当日必着)

応募方法

通学している小学校・中学校及び高等学校で取りまとめ提出して下さい。
※各学校では,「校内審査」を実施し,各小学校においては6点以内(低学年3点・高学年3点),中学校・高等学校及び特別支援教育諸学校においては3点以内の作文に応募用紙を添え,大好き いばらき 県民会議 あて送付して下さい。
②ひとり1点の応募とし,課題にそった作品を対象とします。
③他の作文コンクール等に応募していない作品に限ります。

  ※作品は原則として返却しません。また作品の著作権は大好き いばらき 県民会議に帰属します。

表彰

各部門でそれぞれ
○茨城県知事賞・・・・・・・・・・・・・・1名程度
○茨城県議会議長賞・・・・・・・・・・・・1名程度
○茨城県教育委員会教育長賞・・・・・・・・1名程度
○茨城新聞社長賞・・・・・・・・・・・・・1名程度
○大好き いばらき 県民会議 理事長賞 ・・・10名程度
※入賞者は,11月下旬に開催予定の大好き いばらき 県民運動表彰式にて表彰を行います

主催

大好き いばらき 県民会議

後援

茨城県,茨城県教育委員会,市町村教育委員会,公益社団法人茨城県青少年育成協会,株式会社茨城新聞社,株式会社茨城放送,NHK水戸放送局,毎日新聞水戸支局,読売新聞水戸支局,朝日新聞水戸総局,茨城県学校長会,茨城県高等学校長協会,茨城県PTA連絡協議会,茨城県高等学校PTA連合会

  

※第27回大好き いばらき 作文コンクールの詳しい内容は以下の募集要項をご覧ください。

第27回大好き いばらき 作文コンクール募集要項
第27回大好き いばらき 作文コンクール応募用紙

第26回「大好き いばらき 作文コンクール」の入賞者へ表彰を行いました。

「大好き いばらき 県民運動表彰式」を開催し、第26回「大好き いばらき 作文コンクール」の入賞者への表彰を行いました。 今回のコンクールでは、10,554件の応募があり、厳正な審査で選考された50作品を表彰しました。 受賞されたみなさまおめでとうございました。また、今回もたくさんのご応募ありがとうございました。

第26回「大好き いばらき 作文コンクール」
第26回「大好き いばらき 作文コンクール」
第26回「大好き いばらき 作文コンクール」
第26回「大好き いばらき 作文コンクール」
第26回「大好き いばらき 作文コンクール」
第26回「大好き いばらき 作文コンクール」

【平成27年度】第26回 作文コンクールすべての入賞作品はこちら(PDF形式)

 

過去の入賞作品

第26回 大好き いばらき 作文コンクール審査講評

茨城県知事賞をはじめ各賞を受賞された皆様、まことにおめでとうございます。 今年度の作文のテーマは、昨年度に引き続き「ここが大好き、私のふるさと、私の家族」といたしました。身近なところにしっかりと目を向け、茨城を支えている根っこの力を掘り起こし、茨城の魅力を再認識しようというねらいからです。
今年度の応募総数は10,554点で、前年度を1,000点以上も上回る多くの参加がありました。「大好き いばらき 作文コンクール」がより広く知られ浸透してきているようでうれしく思います。審査会では、各学校の校内審査を経て届けられた1,818点につきまして厳正な審査を行い、茨城県知事賞をはじめとする各賞を決定しました。
今年度寄せられた作品には、町の人々の絆やその地域で長い年月受け継がれてきた祭や伝統行事、茨城の豊かな自然やそこから生み出される農作物のおいしさについて書いたものが多くありました。また、祖父や祖母など身近な家族が地域の人々のために自分の知らないところでどのような活動をしているか知って驚き、これまでと違った眼で家族を見るようになったというのも多かったです。どの作文も身近な人や物・自然に目を向け、近くにある茨城の魅力を掘り起こしていて、審査しながら多くのことに気づかされ充実した時間を送ることができました。以下、茨城県知事賞を受賞された作文について紹介します。
大場仁美さんは、お料理が好きでレストランを開く夢を持っています。茨城の食材を使い、茨城県の形のお皿に盛って、デザートは筑波山の形の梨にして、県花のばらをテーブルに飾って…と広がる夢を素直な言葉で書いていて読んでる方もわくわくします。小野礼樹さんは、「喜んでくれるならやってみっぺ」というのが口癖の自分のおじいさんを取り上げました。神主を務め、保護司を務め、民生委員を務め、幼稚園を創設したおじいさんが困難に直面したときに発する別の口癖は「怒っても仕方ないべ」。人生の達人といえるおじいさんの姿を見事に描き出しました。田澤瑶乃さんは、おじいさんの「おじいちゃんの小さい頃にはね…」で始まる昔話をうるさいなあと思っていましたが、おじいさんの書いた自伝を読んで変わります。朝三時に起きて勉強していたこと、いつもお腹がすいていたこと、服もおさがりしかなかったことなどを知り、現在の豊かさと対照的な戦後の困窮に思いを馳せます。そして、昔も今も未来も大切な平和や自由の意味を知り、おじいさんの昔話を捉え直します。変容する自分の描き方がすばらしいと思いました。梶山実優さんは、祖父母とご近所さんの物をやったりもらったりお返しをしたりする姿を描いています。今でもとても温かい家族のような交流があるのを知って懐かしい気持ちになりました。昭和30〜40年代はそういうことが普通でした。梶山さんはその関係を「お互い様の関係」と呼んでいますが、古い言葉の中に新しい価値を見いだしたようで胸を衝かれる思いがしました。
最後に、ご指導に当たられた各学校の先生方に謝意を表し、講評と致します。

第26回 大好き いばらき 作文コンクール   
審査委員長 茨城大学教育学部教授 川嶋 秀之